園芸店へキャラバン




 記念写真ぽい場面で必ず目を閉じるコディ。

 先日思春期に散歩ルートのルーティン化は良くないと偉そうに書いたくせに、よく考えれば自分だって毎朝ドッグランへ行くことで「スケジュールのルーティン化」が起こっていたと反省しました。最近は犬の方も興奮して定時にクンクン鳴くようになってしまっていたし。

 そういうわけでこの日はランへは行かず別の公園でトッテコイをし、ベビー付きで小一時間ほど歩き、その後例の園芸店へ寄って自分・子・犬の三匹で、またぞろ歩きました。自分だけでこのふたりを世話するのはちょっと大変でしたが、冬の間空っぽだった花や樹木のコーナーに苗や蕾のついた若木の数々が、おっちゃん達の動かすフォークリフトで次々と運び込まれる様子を見ていると、何とも言えない春の予感がひしひしと感じられ、行ってよかったと思いました。


おっちゃんの一人が写真を撮ってくれました。
こんな、抱っこヒモにトリーツバッグや犬の携帯水皿をぶら下げて、
超変な状態の私に声を掛けてくれる親切なおっちゃんだった。

たったまらん!


 肥糧のコーナーの係りの方がシェパード好きで立ち話をしていた最中、プランツフードの袋の中の一種類に異様に興味を示したコディ。もう、くんくんなんてものではなくフンガフンガと匂いを嗅ぎ、全身を袋に擦り付けようとのたうち回って人々の笑いを誘った(笑)。「口では言えないようなものがいろいろ・タップリ入ってるからね!!」と係りの人も大笑い。犬にとってはアルマーニのような香りなのだろう・・・。


鶏糞好きの君には、この蜜蝋ろうそくの雅な香りは分かるまいよ。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ ← 「読んだよ」のポッチ よければお願いします