ふりす日和



 今日はフリスビー日和のような気がしたので、子供をカーシートに入れて寝かし、犬と共に車に積んでうちから20分ほどの牧場の跡地へと向かいました。降った当初と比べ雪のかさは2/3くらいまで減りましたが、夜中に一度凍ったので雪の表面が硬く、あまり走らせすぎると犬のパッドが擦れるかも?と思いちょくちょく確認しながら投げていましたが、平気な様子でした。誰も居ないまっさらな雪の上で好きなだけ跳ね回る贅沢を楽しんだ(飼い主はぜーぜー)。コディはフリスビーはキャッチできませんがどこまでも追いかけて行って拾ってくるのが好きなようです。



野生の動物が横切った「跡」にときどき遭遇する。「みつけたよ♪ たべたらどうなるかな?」

ところどころ突き出た木の枝に引っかかるフリスビーを、空気中の匂いをかいで探そうとすることが出てきた。
見つけるととても嬉しそう。



 ひとしきり投げ終わって。最近ふしぎなことに、急にこのカオ↑をよくするようになりました。こういう遊びの最中だけでなく、朝クレートから出て挨拶に来るときもすごくへりくだってくる(頭を平たくして下げ、首から先と尾を左右に振りながらこちらの足元まで来てひっくりかえる)ので、どうしたのかと心配しています。なにか心境の変化でもあったのだろうか。そうかと思えばベーシックな「スワレ」をしらっと無視して来たり、フシギ君になりつつあるコディです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ ← 「読んだよ」のポッチ よければお願いします