白いコディ君?

ついに美白に成功したコディ君 「嘘はやめてください」

 そういえばこの間まで滞在していた日本の母がお土産にと、限定販売の「白いブラックサンダー」というのを持ってきてくれていました。ふだん黒かったり有色であるべきアイテムが白いというだけで特別感がいや増し、神々しくすら感じられるのは面白いですね。

 閑話休題。犬連れ散歩にバージニア州スコッツラン自然保護地区がなかなかいいよと勧めてくれたドッグランでの顔見知りに、遊歩道の終わりにあるという小さな滝を見なかった事を知られ、「チッチッチッ。やり直し!」と笑われた為、今月2度目のスコッツランです。生憎のお天気の中、今回はブログ兎に角みんなでアメリカ生活のちえぽん氏と、氏のご家族と愛犬・ホワイトスイスシェパードのわんた君が仲間に加わってくださりました。日本人がそう沢山住んでいるというわけでもないワシントンDCエリアで、犬を飼っていて、しかも大型犬シェパードの子犬でとなると非常に奇遇で、滝までの往復道中終始犬トークで盛り上がることが出来、なんと滝の写真を撮るのを忘れました。わんた君はご覧のとおりとてもきれいなパピーで終始ちえぽん氏のお子さん達を気にするようなそぶりを見せており、若いながらも立派にシェパードなのだなあと感心しきりだった。




 笑顔のわんた君とコディ。写真のコディがなんだかやけに汚いのは、辿り着いた滝つぼで泳いだうえ、わんた君と遊びたくて遊歩道の落ち葉の上で終始ウホウホしていた結果です。因みにコディの遊びへの誘いは全て華麗にスルーされていた。無情なり犬世界!しかし確かに自分だって、こんな何だか分からないムサイ大男がいきなり来て落ち葉のついた尻をフリフリ遊ぼうぜ!と誘われても、あまり近寄りたくはないかもしれない。コディよ、また諦めずに頑張れ。

 この日はこうして子供さんやわんた君、他の大勢の行楽客やその犬が歩き回るなか、皆で散歩が出来た事はコディにとってもよい勉強の機会になりました。改めてちえぽん氏に感謝!楽しい時間をありがとうございました。


セネカ公園にて。普通の遊歩道をそれて、GPSを頼りに森の中を歩いていった

 因みに別件でセネカ広域公園へも再び足を伸ばしていました。今週はアメリカの感謝祭の週で全体的に人出・犬出が多く、リコールやリーシュウォークの点で多くの課題を発見したトレッキングになりました。これらは、小さな赤ん坊を連れながらだとなかなか練習する時間がとれない項目なので少々焦りを感じるけれど、なんとかタイミングを計りながらがんばりたい。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ ← 「読んだよ」のポッチ よければお願いします!

4 件のコメント:

  1. わし さん 
    日本の富士の山にも雪が積もり 神々しさを増しています
    わが家にも真っ白な鳥がおりますが
    残念ながらこちらは やたらと人間臭く 汚れも目立ち 
    少しくらい柄があったらよかったのに とか思っています

    以前 テンニョインコの爪切りに動物病院に行った際
    待合室で黒いレトリバーとご一緒のご婦人と話をすることができました
    どちらも 爪が黒いため どこまで切れるかの判断が難しいと話が合いました
    その点 白いオカメインコは中の神経がよく見えるので助かります
    シェパードも一緒なのかなぁ 

    日本から遠く離れた国で偶然の出会いがあるって素敵ですね
    わんた君てことは 男の子ですか? 笑顔が可愛いですね (*^_^*)

    返信削除
    返信
    1. ちびばとさん コメントありがとうございます

      もう十二月ですね、日本も最近ようやく寒くなって来たと家族から聞きました。
      ちび鳩さんのブログの食べ物の記事を読んで、日本の冬を感じています。
      富士山の写真も拝見していますよ~、ほんとにきれいですね。 美しい!
      ちび鳩さん宅の真っ白ちゃんファンの私としては、きちゃなくなっているところも愛らしく映ります
      チャーミングですよ(^^)。
      そういえば以前日本で靖国神社へ行った時、白鳩の中にまじって一羽、尾羽にだけ模様のあるのが居たんですよ。「あったまいい!」と思いましたね~(尾羽が一番汚れやすいですよね)。

      犬でもウサギでも、色白の子は爪切りがしやすいと思います。
      うちの犬の爪は全部真っ黒でしかも、非常に硬いので着るのは大変です
      わんた君のようにきれいな真っ白なら楽だったかも・・・。
      しかし白は汚れが見つけやすいので、コディのような半野生犬には難しい毛色でしょう。
      黒でよかったかもしれないです。飼い主も現実を直視せずにすむので(笑)

      削除
  2. わしさん、その節はどうもありがとうございました!
    なんとも良い子に見えるわんたの写真。さすがはわしさんの写真の腕前としか言いようがありません。

    わしさんとの本当に有用且つ楽しい犬トークと対照的に、わんたのパニクり方は、私にとって顔から火が出るような恥ずかしさでしたが、課題がかなり明らかになった散歩コースでした。
    あの日が良い刺激となるよう、これから精進してまいります!

    ブラックサンダーの白(ホワイトサンダー?!)私も食べたことあります。どちらも美味しいですが、やはり定番はブラックかなと。そうよね、コディ君?

    返信削除
    返信
    1. ちえぽんさん コメントありがとうございます

      実は私・・・。元祖のブラックサンダーを食べたことがないんですよ!
      なのに白いバージョンだけ食べてしまい、基本をすっ飛ばしたという罪悪感でムズムズしています
      次日本へ帰ったら必ず食べます。

      スコッツランは楽しかったですね~こちらこそどうもありがとうござました。
      散歩しながら日本語で犬トークができるなんて本当、夢の様でした。
      何を隠そう、うちの初代ドーベルマンも吠え犬だったので、人前に出る時の恥ずかしさ&矯正の大変さはかなり身に染みています。大型犬が吠えているっているだけで、(どんな正当な理由があれ)周囲からの視線も痛いですよね。
      うちの犬も最近道行く犬に吠えることを覚えてきました。お互い、練習がんばりましょう!

      削除