TOWPATH



 管理人は、現在自分では犬を飼っていないくせに、コーヒー片手に時々近所のドッグランのベンチに座っては、もみくちゃで遊んでいる犬達や彼らの社会を垣間見るのが好きです。怪しいですね。写真はある日近所のドッグランで出会ったピットブル「トーパス」。子犬の頃、虐待を受け、最後は走っている乗り物から道路に投げ捨てられて、何日も生死の境を彷徨った犬だそう。

 自力では抵抗したり逃げ出したり出来ない、素直で、無垢な子犬を痛めつける人が世の中にはいる。きっと彼ら自身も昔無力だった頃に、同様に痛めつけられたことがあるのかも知れない。人間社会の中で、憎悪は伝染病のように伝播していくが、ものを言わない動物達はしばしばその連鎖の終着駅であり、生贄である。