小さいニンゲン、登場

その日の朝の病院

 雨の日には幸運がやってくるというジンクスを少しだけ信じています。義理の両親によれば、昔のロシアにもそんな言い伝えがあったとか。9月の終わりの霧雨の日に、体重3420グラム、体長(?)51.4センチの女児を授かりました。いわゆる分娩台に乗る、という状態になってから12分というかなりスムーズなデリバリーで、主治医の先生も「速い!これなら夕方のピザ・パーティに間に合うぞ」と嬉しそうだった。子供は生命力に満ちていて、小さい火の玉みたいに真っ赤になって泣きながらなにかを伝えようとしているのを見ると、日本語の「赤ちゃん」という単語は単純だがすごく的を射ているなと思います。

 一方犬のコディですが、病院にいる間も彼がどうしているのか気になって仕方がなく、2週間のボーディング(お泊り)の予定を半分で切り上げて、あまり後先考えずに家へ連れ帰ってしまいました。自分のオムツはかせ方もゲップのさせ方も下手くそすぎて、結局一晩中起きて赤ん坊の世話をして迎えた朝、コディを連れてドッグランへ行き、運動させていると、周囲の人々がこれから秋を謳歌しようとするところに、自分だけが縮小された異世界の時間を生きているような感覚に陥ります。慣れないことだらけ、いろいろ学ばないとならないことが多く、大変ですが、がんばりたい。以下ここ10日間携帯で撮ったスナップをアップします。


9時過ぎのドッグランは仕事遅番&リタイア組の憩いの場。皆の和みタイム

コディ、お気に入りの「マンゴーボール」と共に。

車に乗ったコディのお腹にカシの落ち葉がくっついていた。 もう秋か。

ストローラーと並んで歩く練習

すきま時間で、スーパーの入口で一人で待つ練習も。
子供にかかりきりの間、こういう今まで練習してきた事が退化しないかが目下、気がかりです。

4 件のコメント:

  1. わし さん おめでとうございます!!
    静岡のおばちゃんはとってもとっても嬉しくて涙が出てきました
    今の赤ちゃんについてほとんど情報を持たない私ですが
    どうでしょう? ちょどいい 大きさで生まれてきてくれた?
    最初からママ孝行のベイビーのような気がします
    それにしても可愛らしいお顔 (*^_^*)
    しっかしとした表情で もう おしゃべりしそうだわ
    子育て中のストレスは 自分が予想通りにいかないことだと思います
    昨日とはお目ざめの時間が違ったり
    今日はミルクを飲んでくれなかったり
    気まぐれさんが一人と一匹だから大変だけど
    楽しさ 嬉しさ 感動は もっともっと大きいから
    どんどん愚痴は吐き出して 我慢しないで下さいね

    しばらくは子供ばかりが褒められて中心になりますが
    一番偉いのはママだからね
    適当にご褒美も仕入れて (^_-) 自信を持って自慢して下さい

    次のブログもとっても楽しみだけど
    焦らずのんびりお願いします

    今日の富士山も綺麗です
    あとでブログに載せますね

    返信削除
  2. 管理人 「わし」2015年10月27日 14:32

    >富士山より美しいちび鳩さま コメントありがとうございます

    なかなかコンピューターでブログを書いたり、読んだりする時間がとれず、返信が遅くなって申し訳ありませんでした。
    富士山の写真も拝見しています まだ雪がかぶってないですね!
    いつも思いますが、写真で見て、あの山の頂上に自分も何度も居たと思うと不思議です。

    ベイビーはかなり活発で、要求がハッキリしているので、育てやすい方とまわりには言われました。
    しかし眠いです。「わし」は日中こういう顔→(゜ρ゜)になっています。

    返信削除
  3. わしさん、こんにちは!本当にお久しぶりです。
    もうすっかりご無沙汰してしまい、忘れられてしまっていてもおかしくないほどのご無沙汰です。ぢゃっくです。

    久々にブログをのぞいてみると、こちらに飛ぶことができました。

    いまさらながらですが、本当におめでとうございます。赤ちゃんが生まれたのですね!!!
    しかも、兄弟分のコディ様まで・・・。何という素晴らしい!!!

    私のほうはすっかりブログ怠けていて、本当に久々にふと自分のブログを見たところからが始まりでした。もちろん、遠いアメリカでがんばっておられるわしさんのことはすごくよく覚えておりました。そのわしさん。お母さんになっていた~!!!

    2015年、私にとっては、大切なぢゃっくが旅立ってしまい、悲しみに浸る間もなく、今度は姪っ子が生まれ、そのためにちょうどお子様をお産みになったくらいのころ、一か月半オーストラリアにおりました。なので、うちの姪っ子とは一か月も違わないのですよ。

    もう今頃、走り回って元気いっぱいコディちゃんと遊んでいることと思います。しかしながら、一人と一匹の世話、もはや、二人の世話と化していた私、懐かしく思い出しております。戻れるものなら戻りたいと思う日々です。

    小さいうちってあっという間かもしれないので、大変なことも多々あろうかと思いますが、いや、でもわしさんなら、すべてを楽しむことができると思います。体を壊さず、無理せず、育児や家族団らん、楽しんでくれるといいなあ。

    返信削除
    返信
    1. ぢゃっくさん、長らくコメントに気が付かず大変失礼をいたしました。
      もちろん覚えていますよ!!書き込み下さりありがとうございました。

      まずはぢゃっくんが旅立たれた事、本当にお辛かったですよね。ご愁傷さまです。
      ドーベルマンは明るく愛情いっぱいの犬だから、居なくなった寂しさは本当に大きいですよね。
      時間がのりさんの悲しみを癒していってくれていることを願います。

      それから姪っ子さんのご誕生おめでとうございます!オーストラリアとは羨ましいです。妹さんも強力な助っ人が来てくれて、嬉しかったでしょうね。
      私の子供にも、丁寧なコメントにお祝いの言葉まで頂き、本当にうれしいです。
      一人と一匹の世話、まさに、経験した人にしか分からない大変さがあると思います。
      当事者として接してると心が折れそうになる日もありますが(笑)
      ぢゃっくさんが「戻れるものなら戻りたい」と仰るのを聞くと、信じて頑張ることが出来そうです。
      まだまだ子育ては先が長いですが、イヌ飼いの先輩・子育ての先輩として、これからもいろいろご教示いただけると嬉しいです。

      最後に、本当にいまさらになりますがぢゃっくさんのサイトを「お友達ブログ」のところへ追加させてください!
      そのうちまた、ぢゃっくさんの書かれた文章(ファンです)が読める日をいつまでも楽しみに待っております。

      削除