ピットブルのこと

傷は小さいけどかなり痛い


 新年にランで犬にはねられ華麗に?宙を舞ったばかりの私ですが。

 ドッグランでコディの事を気に入らなかったらしい、でっかいオスのピットブルが、歯を剥き出しで突進してきました。コディはそれ以前にも地面にころがってお腹を出して、好きなだけオシリの匂いも嗅いでもらって、どこまでも低姿勢だったので、「大丈夫そう」と思った矢先でした。

 アタックしてきた犬とコディの間に入った時、防寒用の手袋をはめた手に衝撃を感じ、その時は相手の歯がちょっと当たった程度と思っていましたが、場が収まりピットの飼い主さんにランを出るように促してからしばらくすると、左手が痺れてズキズキしていることに気付きました。手を出してみるとなんと!小さな穴が開いて、傷口の大きさのわりにびっくりするくらい血がたくさん出ていました。帰りに薬局でベタダイン(日本のイソジンみたいな薬)を購入し帰路につきました。

 奇しくもこの日は夕方からの獣医さんのアポイントメントで、コディの去勢手術の日程を決める事になっていました。不運だったとはいえ、ランでこのように成犬オスからいびりのターゲットになったのは初めてのことだったので、そろそろ潮時かも知れないと感じました。本当は月齢16カ月から24カ月の間でと考えていたところを、日程を早めて14カ月目(=今月)に行う事に決めました。

 コディがインタクトだということによるふだんの生活上の不便は今のところ殆どなくて(デイケアやシッターが使えないくらい)、もし事情が許すなら、ずっとこのままでもいいかな~?と思ったこともありました。ばかばかしい感情論だけれど、かわいいコディのぽんぽんを傷つけるのが嫌だなというのもありました。

 ただ、去勢していないからという理由で、こうして他の犬のパワハラを甘んじて受けねばならないのは本犬にとってフェアではないし、第一危険が伴うと思ったことから、考えを改める時が来たと感じました。 ※ここから先はピットブルに関して超ながながと自論・暴論?展開しているので、よかったらそれでもOKな方だけお読みになってください。



ランに嫌な思い出を残さないため、同じ場所に午後もう一度訪れた。
ハスキーちょっぴりウルフmixの女の子とは以前からの仲良し。


 それにしても、ピットブルほど「人を憎んで犬を憎まず」だなと思う犬はいません。

 この現象、アメリカだけかもしれないけれど、ファッションでピットブルを飼う人が、とにかく多すぎるように思います。それに、この犬は基本的にラン向きの犬ではないのに、(子犬・若犬のころならいざしらず)無理にランで遊ばせようとする人も目立ちます。

 それから、ピットの事について不勉強なオーナーがとても多いのも気になっています。今回の犬の飼い主さんも、自分の犬の様子は一応ちゃんと見ているものの、犬の出すサインに鈍感で、自分の犬が他の犬にものすごくマッチョで高圧的にしているのが全く分からないようでした(それどころか「ジュノー、ナイスよ~」と褒めていた)。たまたまその場に居合わせた別の飼い主さん曰く、コディが来る前にも何度もほかの犬と小競り合いがあったそうなので、パックドライブの強い犬で、恫喝癖が常習化していたのだと思います。

 私は以前日本でとてもお世話になった知人が、この犬を沢山飼っていて、生れたての子犬と触れ合ったり成犬ともよく一緒に遊んだ楽しい思い出がたくさんあるので、ピットには特別親しみを感じています。いろんなピットと触れ合って私が知った事は、ピットはとても性格が良く、楽天的で人間に対して非常に従順なので、教えてあげれば本当に様々な事が出来る犬だということです。わざわざランへ連れてこなくても、十分幸せにしてあげることは可能です。

 ついでにもう一つ気になっている事があって、最近、この界隈でピットブルにポジティブ・レインフォースメント(+R)のトレーニングのみで頑張ってる人もよく見かけます。このあたりは意見が分かれるところと思いますが、個人的には、ピットにはバランス型の訓練が適すると考えます。バランスというのは、良い事をした時はどんどんクッキーを貰えてナデナデされて褒められるけれど、望ましくない行いをした時は、その行為にコンシークエンスがあるのだと犬が分かっているべきだという事です。

 もちろん個体によって程度の差はあるけれど、非常に強い闘争心を持つように改良された過去のあるピットたちのドライブは、普通の飼い主には理解できない・普段のその犬の姿からは想像がつかないくらいシビアな事があり、その分強い抑止力が必要だと思うからです。闘犬の本能とは、おなかに穴が開いたり、究極は命を失うまで闘争を続けるという可能性を帯びていて、その欲求は激しく、+Rトレーニングでのリダイレクトや、クッキーや褒めでどうにかなる類のものではない事が多いです。


私のお気に入りだったピット。今はもういない。
元闘犬で、負けたのでポイっとボロ雑巾のように捨てられたのを、貰われてきた犬。
人間が大大大好き。適正な環境下で飼えば良いコンパニオン・ドッグになり得た。


 いわゆる「強い犬」、ピットもそうだし、ロットワイラーやドゴ、マスチフ、アキタ、闘犬・護羊犬系統、etc.を飼ってる人は、「自分の犬との暮らしをエンジョイしたい」という欲求を満たす前に、まずは世間への責任を果たすべしと考えます。責任とは、犬を100%いつ・何時でも自分のコントロール下に置くこと、そしてこのコントロールを得るためには手段は選ばないという覚悟です。これは、オビディエンスどころか基本的なしつけにも手こずった先代のドーベルマンが教えてくれた事でもあります。書くとかんたんそうだけれど、実際やりきるのは大変です。

 今日はとりわけ長くごちゃごちゃとウンチクを書いてしまいましたが、とにかく日ごろ街や公共の場でピットがのけ者扱いになっているのがアンフェアだと思っていたので、考えていたことを書き連ねてしまいました。現状を見てると、自分なんか極端なのでシェルターでピット(含ピットミックス)のアダプトを禁止しろと思う事もあります。非常に残酷に聞こえますがこの犬種に関しては、シェルターが機能すればするほど、レスキューの人達が頑張れば頑張るほど、無責任な飼い主達の間で「飼えなくなったらシェルターに連れてけばいいいや(だれかがなんとかしてくれる)」という考えが蔓延するし、里子にもらったらもらったで、「うちのピットはシェルターから来たから」と、問題行動を正当化する魔法の言い訳を飼い主達に与えてしまいます。問題の核心の一つだと思います。それほどきちんと扱えていないオーナーが多いと思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ東部情報へ ← 「読んだよ」のポッチ よければお願いします