オナモミ犬




 今日の写真は、すこし前に義父母がバージニアに遊びに来てくれた時のものです。コディはゴールキーパー役が得意で、本物の人間のキーパーみたいな動きをするので、サッカー好きの義父は大喜びでした。



 写っているオレンジのボールはキャッチボールグッズで有名なChuckit!という会社の キックフェッチボール(Kick Fetch Ball☜日本の通販サイト)です。今、コディの中ですごくブームになっているおもちゃ。人間のサッカーボールと同じ大きさで蹴りやすくて、軽量でよく弾むので、犬も人も一緒に遊べます。咥え易い形に加工してあるので犬に優しい反面、破壊されやすいのが難点ですが、結果遊ぶときだけ出してやることになるためよけいプレミアがついて、夢中になってしまうようです。とってこいが好きな犬と、球技が好きなドッグオーナーにはお勧め。



オナモミ犬


 コディは相変わらずオナモミのようにひっつき虫で、必死な目でどこでもついて回ります。まわりの人に「この犬はマミーの事しか考えてないね~。」とよく笑われるのでたまに少し恥ずかしいですが、この心理的近さのおかげで、おそらく彼にとってはた迷惑だろうトリック(持来とか)の練習にも根気よく付き合ってくれてるのではないかと思います。

 反面、いつの間にか「にんげん♂」の言う事は全く聞かなくなっていたことが発覚しました。「にんげん♂」とコディの付き合い方を観察していたら、基本的に犬に報酬をあまりやらないため、イヌの💕をつかめてないのが原因のようです。わけは何であれ、犬が家庭の特定の家族の言う事しか聞かないのでは良き家庭犬と言う事は出来ないので、こまめに時間をみつけて練習してもらい、信頼関係を再構築してもらいたいと思います。



私とコディに共通する事……安定感のあるどっしりした姿(笑)