2018年1月1日月曜日

新しい一年




 新しい一年が始まりました。今、北バージニアでは日中でも気温がゼロ度を割っていて、ー7℃から夜はー20℃くらいまで下がる日もありますが、コディはこの気候が好きなようで、隙あらば外に出てベランダに寝っ転がったり、散策して森の生物の匂いを探したりして過ごしています。この犬は本来は半ソトイヌなのだなあと思う瞬間です。今年もよろしくお願いします。




クラスメイトのみんなと

 去年の末頃にがんばっていた優良家庭犬のトレーニングは、もともと受けていた中級(CGCA)のほか、トレーナーの厚意で上級(CGCU)のテストも受けさせてもらえ、よい結果を残す事が出来ました。コディは生後六か月の時に一度CGCの検定を通っているので、セラピーワークの基礎としては本来はここまで練習を続ける必要はなかったですが、こうして一度覚えたことの復習をしたり、さらに刺激の多い場所で応用的な題材を練習していくのは、犬のメンタル面にいい刺激があると思いました(飼い主の方も夜な夜な家を抜け出す口実が出来てよかった)。


モールで、初めてメリーゴーランドを見た


 メンタルと言えば、今回のトレーニングを通して、犬も心理的に大人になっているんだなぁ、というのを強く感じました。コディは表面的にはソフトで穏やかですが、根は自立していて結構頑固なところもあり、言われたことを自分で再考するので、意外なところで思いもよらない反応を示したり、特殊な状況下ではキューを無視する傾向があります。また、基本的には「わし」の号令が入らないとエンジンがかからないようです。犬本人の社会生活を安全かつラクにするために「いつでも、誰の言う事でも聞ける犬にする」ということを念頭に練習してきましたが、難しいのかな、と思い始めました。

 トレーナーの人にもらったコメントも、「ソリッド、bombproof、知的、多分どこに出しても大丈夫」と言ってもらえた反面、「この犬は従順で穏やかだというフリをしている」と言われ、やっぱり透けて見えているんだなあと思いました(笑)。今回一緒に練習してきた菩薩の様に穏やかで、天使のように優しいセラピー犬候補のクラスメイトの面々と比べると、コディは何だかそういうタイプではないように見え、本当にそういう方面の作業に向いているのかどうか、よく分からなくなってしまいました。

 とりあえず当面は引き続きセラピーの練習を続けながら(年齢が上がるにつれてもっと穏やかになっていくだろうし)、今年からは出来そうなら他のドッグスポーツにもトライしてみようかなあ、そのためには何とかして時間を捻出していかんとダメだなあ、などとつらつら考えた、新しい年の始まりとなりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿