省エネ花見




 愛犬「コディ」3歳3ヶ月、娘「ちいさいにんげん」2歳6ヶ月の春です。いたずら盛りの人間の子供と脳みそパピーちゃん(体重59キロ)と共に花見をするのをおっくうがっているうちに、あっという間に桜は散り八重桜のシーズンとなってしまいました。仕方ないから、また近所の植木屋Merryfield Garden Centerでお茶を濁してます。いや~、お花見とか言って、桜ですらないですね。まいったな~ガハハ。

 一度しかないコディの犬生を預かっているんだから、暑くなる前にもっと色々な経験をさせてやらねばと思うのですが、なかなかうまくはいきません。でも、ここでストレスを溜めてはダメなんだと、過去2年間のダブル育児を通して学びました。できないことがあって当たり前だと、出来てることにフォーカスすべきだと、「出来てない事は、できてない」と、そんな自分の姿をリアルに見つめてしまうところがある私にとってはなかなか難しいですが、日々勉強です。
 




 植木屋さんでは春の草花の入荷が最盛期になっています。猫の手ならぬ変な東洋人の手も借りたいぐらい忙しいのでしょうか。働かない?と声をかけられました。この植木屋さんといえば先日話していたセラピードッグ・インターナショナル(TDI)のテストが、正式に来週末になることが決まりました。


鶏糞たべていい?


 コディ君。TDIのテストがんばってくれよ。試験で出される課題の中には、一人では練習できない項目もあるので、そういうのは1年以上前にスクールで習った時の事を覚えているかに賭けています。植木屋での自主練が功を奏すか?!どう考えても練習量が不足してるんで、当たるも八卦当たらぬも八卦みたいな気持ちですね(言葉の用法が違う)。

 テストに出るためにはシャンプーをしたり爪切りをして、きちんとして出かけないとなりません。一度洗うと完全に乾くまで丸一日かかるので、先週末にシャンプーを済ませましたが、活発なので既にドロドロです。ショーに出したりするわけではないから、おまたの内側の毛はいつも短くトリムしてしまうのですが、今回は胸が一番深く落ち込む部分から鼠径部にかけても、びみょう~に毛先をそろえてみました。飼い主の自己満で誰も気づかない微妙なことだと思いましたが、既に散歩道で二回ほどスタイルを褒めてもらえて、こんな毛先のちょっとした変化が意外と犬の全身の見た目に影響を及ぼすことに驚きました。




 今日のトリは、バージニア州グレート・フォールズの周辺を散策中に出会ったブルガリアンシェパードです。私の散策するエリアはスラブ系・東欧系移民の二世が多いみたいで、自国から引っ越してきた彼らの親世代が、犬もついでに連れてくるようです。今までにも、ルーマニアンシェパードや、それから遠目にカルパチアンシェパードかなと思われる犬を見た事があります。比較的賑やかなアメリカの郊外の住環境だと飼いにくい犬種だと思われますが、体が大きく堂々としていてガーディング気質に満ち、もし山や牧場で一緒に住んでいたなら、こんなに頼もしい仲間はいないと思える犬です。写真の犬も、このあたりから先に進むと立ち上がって吠えるだろうと思われたので、オーナーの方の了承を得て、離れたところから写真を撮りました。




🐺読んで下さりありがとうございました👶


🐾🐺また、ときどき見に来て下さい👶👐