2015年6月5日金曜日

生後5ヶ月目



 週末、地域のジャーマンシェパード・レスキューグループが催したピクニックに管理人と犬の「コディ」も呼んでもらえたので、行ってきました。愛車の温度計を見ると一時的に104℉(37℃近く!)を指していたり、あまりの暑さに尻込みして「2、30分ほど覗いて帰ろう」と思っていたのが、行ってみたら結構楽しく、あっという間に2時間も経過していました。招待制だったので、人数も20名くらいかなあと思っていたのですが、大勢の人々+過去に里子になった100頭近くのGシェパード、Gシェパード犬系雑種の犬達があつまって、持ち寄った食べ物と犬トークを肴にワイワイと盛り上がっていました。


ピカーっと晴れた晴天ナリ。木陰に集まる犬と人。

 この他に群の警察官とK-9ユニットのシェパードによるデモンストレーションが行われ、プロフェッショナルな犬のカッコよさに惚れ惚れしたり(そして皆後ろを振り返って、自分の犬を見てため息をついていた 笑)、小さなアジリティコースやプールで犬を遊ばせたりと、思い思いに過ごしていた午後でした。コディも、大きいお姉さんやお兄さんに遊んでもらったり、ビシッと躾けてもらったり、なかなか有意義な時間を過ごせたようでした。


コディとパトカー?タクシー?

 この日の夜は別の用事でワシントンDCの方へ。帰りにバージニア州クラレンドンで食事した際、街角の「半分パトカー/半分タクシー」の写真を撮ることが出来ました。この車のことはいつも気になっていたのですが、調べたところ群警察、地域のタクシー会社、そしてワシントン・レジョナル・アルコール・プログラム(WRAP)という団体の連携で、飲酒運転撲滅キャンペーンの一環として作られたそうです。車体には「choose your ride(帰宅法はお好みで)」と書かれており、飲酒運転による自動車事故は、ドライバーの意志によって100%防止可能なアクシデントだという事を啓蒙しているんですね。インパクトもあるし、ユーモアもあってなかなか効果的な宣伝だと思うのですが。


朝、出かける前の典型的な状況。
leave itまたはmineのコマンドで、「人間の持ち物に触らない・遊ばない」という事がようやく出来るようになった。
しかしここで目を離せば何かをしでかしそうな雰囲気がプンプンである

 話題その2。

 上のパトカーの写真を見ても分かるかも知れませんが、コディは生後5か月目に入り、大きくなってきたと感じます。体重は30キロを超え、毎朝通うドッグランでは、子犬(puppy)+ゴジラ(Godzilla)で「パプジラ」というあだ名を編み出した人も居ます。ブリーダーによるとこの犬種の成長は生後半年くらいまでは比較的急激に、その後緩やかに3、4歳まで続くそうなので、今後は育つスピードも落ち着いていくんではないかと踏んでいます。

 並行しておつむのほうの成長の方も進んできてます。但し、こっちのほうは必ずしも飼い主にとって都合の良い「成長」ばかりではないみたいですね。犬は、これから思春期を控えて、精神的にも独立心が湧いてきているらしく、以前は自分と犬との間に強固にあったほぼ「親子」のそれに通じるような絆が薄らいで、もっと自分で考えたい!自分の力で世界を冒険したい!と思っているような素振りを見せる事がちらほら出てきました。子犬時代特有の強固な絆の事をランで誰かが"invisible puppy leash・・・見えない仔犬の鎖"と呼んでいたのが言い得て妙だと感じましたが、とりあえず、どこまでも飼い主に必死でついて回り、言われたことをやみくもにこなす時期(ある意味、かわいい時期)は徐々に終わりを迎え、大人の犬になる準備が始まっているような気がします。




 そんなこともあってかトレーニングの方はちょっと停滞しだしました。特に呼び戻しが退化しています。室内や街中、林道等の環境ではまだ大丈夫ですが、特に気が散る場所(ドッグラン等)の中だとしばらく待っても来ない事が出てきました。マテも退化しています。静かに待てる距離も25メートルくらいまで伸びてきて、遠隔スワレ・フセなどもほぼ完璧に出来ていたんですが、ここの所「マテ」で犬に背を向けた瞬間に勝手について来るようになってしまいました。以前のようにまた短い距離から練習を繰り返していますが、一度はきちんと出来ていただけに飼い主の方もフラストレーションがたまり、よけい根気が要ります。基本のコマンドでこんなななので、衝動の抑制(インパルス・コントロール)がもっと必要な項目などに至っては言うに及ばずというか、まだまだ沢山練習が必要なようです。

 写真はバージニア州グレートフォールズにあるTurner Farm Parkという馬術公園での一コマ。駐車場を確認すると自分達以外に誰も居なかったので、馬用のフィールドに入ってひもを外し、簡単なオビ-ディエンスの練習とフリスビー、ボール投げをしました。下を見ると分かるかもしれませんが、以前は呼ばれると待ちきれないように全速力で走ってきていたのが、最近は「まー気楽にいこうよ!」とでも言うように、のっこのっこ走ってくるようになったのです。野外での練習時はとてもおいしいオヤツのご褒美を用意しているんですが、それよりも外界への興味が勝る瞬間があるようです。


(( come! ))
「いま、呼ばれた気がする!」

「でもまあ、そんなに焦って走らなくても大丈夫かな」


「えっほ、えっほ。」

ペロっ

 しかし、こうして遅いながらも戻って来るうちはいいですが、この調子で行くとそのうち自分で勝手にどこかへ行って、迷子になったりするのではと飼い主としては心配もあります。マイクロチップはもう入れてあるんですが、さらにGPSを内蔵した首輪の購入を考えています(後日談→GPSタグを購入しました)。


(( プレイス!・・・・・・ってアレ? ))

 フィールドも楽しんだし、さあ、帰ろう。「プレイス」のコマンドで車のハッチバック部分に上半身を乗り上げるよう教えていたのですが、この通り。「プレイスってなんだっけ?」という態度なのです。本当は分かってると思うんですが(笑)。こうしてゴネているとたまにオヤツが出てくる事があるのに味を占めてしまったのかもしれません。オヤツ目的で行動を起こすのもなんだかなあだし、かと言って毎回「しょーがないな」とダッコしてやるのも間違っていると思う(第一重すぎて持ち上がらなくなってきた)ので、どうやる気を引き出し・維持するかが、今後の課題になっています。




 帰宅して軽くシャワーしてやり餌を食べさせると、すぐフガフガとヨダレを垂らしながら寝てしまうところはまだまだ子供らしく、可愛らしいんですが。まわりの経験者によると、シェパードの思春期は生後だいたい半年から2歳半頃まで続くものもいるそうで、これからどんな風になっていくのか、興味半分、やだなー半分、入り混じった感覚を味わっています。





0 件のコメント:

コメントを投稿