レストン・ペットフェス2015



 ワシントンDCから西に約半時間、バージニア州レストンのタウンセンターで行われたペット・フェスタに行ってきました。このイベントは街とこの地域に関わりのあるペット・サプライチェーンや大きなレスキュー団体などの協賛で毎年行われており、家を失った動物の里親を探したり、小物やオヤツ類などを売るブースが通りに並んで、なごやかながらも活気のあるイベントです。開始後間もない時間帯に着きましたが、もうけっこう人出があって賑わっていました。訪れるのは今年で3回目になりますが、年々人気が増しているような気がします。




 その場に居るあらゆる人類がそれぞれ犬を連れている不思議空間。社会化途中の犬にとってはとてもいい練習場所になりそうでした。うちの犬はまだまだ修行が足りないので、最初の方はハフハフ大はしゃぎ、成犬達に「ウザッ」と煙たがられていた(笑)。それにしても、レトリバー犬種は仔犬に寛大な犬がとても多いですね。グレイハウンドの何頭かが挨拶に来たうちの犬(コディ)に緊張したのか、いきなりヨダレをダラダラと流し始めたのには驚きました。

 余談: 写真のあたりで、とてもかわいい柴犬の仔犬を釣れていた人と立ち話をしました。あの人は、もしかしたら日本人だったのかもしれないと、後から思っています。確率はかなり低いと思うけれど、もしここを読んでいたら、ぜひイヌトモになってください(^.^)。




 この可愛らしい小型のサイトハウンドはシルケン・ウインドハウンドといって、AKC未公認の比較的珍しい犬種。シルケンはたまたまブリーダーが近くにいくつかあったこともあり、管理人が犬を飼うのを検討しはじめた時、ボルゾイと共に候補に入っていた。この犬種は体格の小さなボルゾイと長毛のウィペットのクロスブリードから始まっているという話だけれど、所作を見ているとウィペットというよりはかなりボルゾイ寄りの性質を持っているように見えた。ボルゾイと比べると見た目は劣るかも知れないものの、テリアの入っているウィペットの方が性質の面では付き合いやすいと思える犬に今まで多く出遭ったので、もしもそのうちシルケンが飼えるチャンスがあれば、ウィペットのアウトクロスのある犬でもいいなあと思った。


オーナー達によれば年に1回、シルケン・フェスというシルケン達のお祭りがフロリダで行われているそう。
太陽の降り注ぐビーチと小さいサイトハウンドの祭りというだけでウキウキしてくるものがある(笑)。



 犬用のアクセサリーや衣装を売るブースでバンダナを買うついでに、犬のサングラス「ドグルズ(Doggles)」をかけてもらったコディ。嫌がってあばれるかと思いきや、意外と普通にしていたので驚いた。ドグルズは曇り止め昨日のあるポリカーボネート製のレンズがUVAとUVBをカットしてくれるほか、メガネの裏の部分に厚いパッドが付いていて、犬がストレスなくかけていられるよう工夫されているそうです。ちょっと大きすぎたので買わなかったものの、メガネをかけた犬の可愛さに少し開眼した気がする。


「これください」

再会の喜びを分かち合ってる(?)ふたり。

街はずれのコンドミニアムに囲まれた小さなドッグ・スペースが空いていたので、コディは、ちょうど来ていたお馴染みのデヴィちゃんとかけっこして遊びました。毎回遊ばせるたびに、息をきらせずに走り回る時間が長くなってきていて、彼らがどんどんタフになっているのを感じます。

 しかしこうして自由にに走り回りころげまわる犬達はとても楽しそうです。やっぱり犬にとって自由運動は肉体的にも、精神的にも非常に大切だと最近再確認しています。小さなメゾネットに住み猫の額ほどの裏庭しかない管理人にとっては、この自由運動をどう効率よくさせるか、というのにいつも頭を悩ませます。


 帰宅後



 大はしゃぎで疲れたのか帰宅してから、両手・両足をななめ上にに向ける「いつものカッコ」で寝に入る犬。ヘソ天まではいかない、「45°天」と呼んでいる寝相、この姿勢が楽なようです。





0 件のコメント:

コメントを投稿