PRIMAL FD FORMULA



 このあいだのドライフード比較で話題にしていたプライマルの実物を手にする機会があったので、至近距離からまじまじと眺めてみた。スタンダードなビーフ、チキンの他に、チキン&サーディン、ダック、写真のラム、の5種類のフレーバーがある。フリーズドライ製品のいいところは、アミノ酸と必須脂肪酸が効率よく摂れるところと、何といっても風味が良いので、犬が喜ぶという点かもしれない(個体差はあるけれど、度合い的に ドライ<ウェット缶<フリーズドライ<生食餌 の順で嗜好性が高いと感じる)。気になる価格は大袋(約400グラム入り)・送料抜きで約3000円~前後くらい。




 これ、この価格が問題なんざます。この製品、一袋あたりフリーズドライ・ナゲットが48個入っている計算になるのだけど、犬の体重100パウンド(45キロ)あたりの食事量をまかなおうとすると、一回でナゲット40個分消費するのだ。ビル・ゲイツでもない限り、この餌を単用して大型犬を飼うのは厳しい気がする。ただ、先に書いたように食いつきが良く、またドライフードに比べて消化もしやすいはずなので、病犬食や成長期のオヤツ代わりにするにはいいかもしれない。それから重要なポイントとして、この餌は非常に軽く持ち運びしやすく、冷凍・冷蔵保存しなくてもいいし水を加えるだけですぐ準備できるので、犬の非常食としては最も適していると思う。