2014年11月20日木曜日

においのゲーム

 てんかん患者の発作を事前に感知したり、人体の奥深くで増殖する微小なガン細胞を嗅ぎ分けたりと、知れば知るほど、犬の鼻と言うのはすごい器官だと思う。色んなものをフンフンと嗅ぎ分けるのは、犬達が生れた瞬間から、多分死ぬまで行っていることのひとつだから、「においを使ったゲーム」は犬達にとって頭と、体を一度に使えるという意味で、いい遊びだと言えるのではないだろうか。また室内で出来るものも多いので、天気の悪い日や、ハンディキャップのある犬でも遊ぶことが出来る。今日は、そんな匂いを使ったゲームにはどんなものがあるのか、調べた事をまとめた。




・ どっちの手?ゲーム 難易度★☆☆☆☆

 匂いを使った、クラシックで手軽なゲーム。握った両手の一方に小さなおやつか、オモチャを隠し、「見つけろ」のコマンドで犬に当てさせる。差し出された手には鼻タッチか、手で優しくタッチする、または手の傍に座る事を覚えさせる。


・ 消灯ゲーム 難易度★★☆☆☆

 事前に犬を部屋から出しておく。ドアを閉めて見えないようにし、部屋の特定の場所におやつを3つほど隠す。電気を消し、犬を部屋に誘導する。「見つけろ」のコマンドで、犬におやつを探させる。繰り返すうちに、犬は飼い主が「見つけろ」とコマンドを出すうちは、まだどこかにおやつが隠されていることを学習する(=コマンドに対する信頼の構築)。隠し場所をだんだんに複雑にする(棚などのくぼみや地面から離れたところに設置するなど)ことで、ゲームの難易度を上げることが出来る。


・ かくれんぼゲーム 難易度★★★☆☆

 このゲームは、「マテ」のコマンドが完璧でない場合、ふたり一組で行うのがやりやすい。フェンスで囲まれた庭や屋内など、ある程度の広さのある場所で、一方の人が犬をホールドしている間に、もう一方の人が隠れる。犬をホールドしている側の人はここで、「彼はどこへ行ったの?どこへいっちゃったのかな?」と、楽しい声を出して犬の気持ちを盛り上げる。

 準備が出来たら「見つけろ」のコマンドを与え、犬に隠れている人を見つけさせる。このゲームは、隠れる側が小さく咳払いをしたり、軽く身じろぎなどをする事で簡単にすることも出来るし、難易度をあげたければ、隠れた上から毛布をかぶったり、犬が見つけることが出来るものの、実際にそばに行くことが難しい場所に隠れる事などが有効である。


・ さがしものゲーム 難易度★★★☆☆~

 このゲームはおもしろいだけでなく、犬が自分が飼い主の役に立っていることを感じ、意欲的に仕事をする自信を身に付けることができるものである。まずは静かで安全な道に、リードをつけた犬を誘導する。歩きながらポケットから小さなアイテム(最初はハンカチなどが好ましい)を、自然な感じで落とし、気付かないフリをしながら犬と共に歩み去る。15、6歩進んだところで、ポケットにハンカチがないと、探し求めるフリをする。「ハンカチはどこ?ハンカチを見つけられる?」と犬に向かって聞きながら、アイテムを落とした地点までゆっくりと後戻りする(同時に地面を指さしながら「見つけろ」のコマンドを出し、犬を勇気づける)。

 犬が楽にアイテムを見つけられるようになってきたら、ロングリード等を使用して犬が自分でにアイテムの傍まで飼い主を誘導できるようにする。落とすアイテムを金属(スペアキーや、スプーン、ブレスレット等)にしたり、引き返すまでの距離を伸ばすことで難易度を上げることが出来る。


・3、2、1、ゴー!ゲーム 難易度★★★★☆~

 オフリード可の公園や、すいているドッグランなどの安全な運動場へ行く。犬にリードをつけ 脚側停座させ、アイテム(最初は犬のお気に入りのオモチャなどが好ましい)を犬に見せた後、オモチャを放り投げる。「見つけろ」のコマンドで犬を放し、犬にアイテムを見つけさせる。

 このゲームはクラシックなオビーディエンスの一種目である「持来」に近いが、アイテムを投げる距離を徐々に伸ばしたり、アイテムのサイズを小さくしていったり、また段階をおって芝生の深いところへ移動することで、犬が嗅覚を使う比重を上げていくことが出来る。特に意欲的な犬の場合、その場で拾った自然物(木の枝等)を、アイテムとして使う事も出来る。

 このゲームを室内で行う場合、犬がアイテムを目視する度合いを下げるために部屋の電気を消し暗くしたり、電気のないクロゼットの中に向かってアイテムを投げる。


・「ワン&オンリー」ゲーム 難易度★★★★★

 これは3、2、1、ゴー!ゲームの進化版といえるもので、フィールドの中に複数設置してある似通ったアイテムの中から、特定の匂いの付いたものを選択し、拾ってくる(もしくはポイントする)というゲーム。最初に用意するのは犬が好きなオモチャ(テニスボールなど)複数個。指定アイテムとして使うボールにだけ印をつけるなどして、区別できるようにしておく。下準備として、犬をフィールド外に繋ぎ、フィールド内には事前ににボールをばらばらに置いておく。下準備が出来たら、印のついたボールだけを持って犬の元へ行く。暫くボール投げなどをして、飼い主と犬の匂いをよくなじませたら、犬をフィールドの入口へ誘導し脚側停座させ、印付きボールを、すでに他のボールの設置してあるあたりに投げる。「見つけろ」のコマンドで犬をリリースし、嗅覚を使って目的のボールを探し出させる。




参考:http://suzanneclothier.com/system/files/articles_pdf/Scent%20Games.pdf
image :犬の鼻のペンダントトップ、Jackie Kaufman

0 件のコメント:

コメントを投稿