WOLFHOUND



 自分の住む街で「犬デー」があった初夏の思い出。小さな表通りに小さなテントをたてて、グッズ屋やレスキューグループがそれぞれの活動内容を展示していた。訪れる人は皆、自分の犬を連れてきて、通りがまるごとドッグ・ランのような様相となっていた。写真はアイリッシュ・ウルフハウンド、この犬種には今までの人生で3回ほどしか遭遇したことがないが、会うたびに、そのあまりのでかさにいちいち新鮮な驚きがある。そして、もし将来腰痛が悪化することがあれば、いちいちかがまなくても撫でられるこの犬を飼おうと思う。